トップページ >  > 女性のためのニキビ漢方薬【入門編】

女性のためのニキビ漢方薬【入門編】

女性のための漢方薬大人のニキビは、ストレスやホルモンバランス、生活習慣の乱れなどが引き金になると考えられていることからもわかるように、心身のバランスの働きが崩れたときに発生するという特徴があります。


そうした理由もあって、炎症を鎮静化させたり、毛穴詰まりを防ぐといった皮膚の症状に対する対症療法的なアプローチだけでは、大人ニキビはなかなか治りにくかったり、治ってもすぐにまた再発してしまうといったケースが多く、根治が難しいわけです。


そこで今、注目されているのが漢方薬です。


西洋薬をニキビ治療に用いる場合、ニキビの症状・状態に焦点を合わせて薬が処方されることがほとんどです。


対して漢方薬はというと、目に見えるニキビの改善を目標にするのはもちろんですが、体力・体質に応じた薬を使って、ニキビを生じさせている全身の症状(根本的な原因)の改善にも取り組むというのが最大の特徴といえます。


※ 漢方では体表にあらわれた症状を取る治療のことを「標治」といい、症状を生じさせている体質を改善させる治療を「本治」といいます。


また、西洋薬は効果は強力ですが、一方で副作用も無視できません。


例えば炎症を起こした赤ニキビに使われる抗生物質は、長期間使用することによる副作用や耐性菌のリスクがあります。漢方薬も薬なので副作用が起こることがありますが、頻度は低いですし、漢方が使えなくなってしまうということはありません。


皮膚科でもこうした漢方薬の特性をうまく利用して、西洋薬を中心とした対症療法ではカバーしきれない部分を補う目的で、ニキビ治療に漢方薬を役立てているところが増えてきていますよね。

漢方薬の考え方

ニキビに効く漢方薬を早く知りたいところだと思いますが、もう少しお付き合いください。


西洋医学では、ニキビ(病名・病気)に対して薬が処方されるため、アダパレンと過酸化ベンゾイル、それから抗生物質の内服薬など使う薬は皆だいたい同じになります。


しかし、漢方医学では、「証」と呼ばれる独特の診断基準によって「体の状態が正常からどのようにズレているか?」が見極められ、それによって治療の方向性が決まります。


よくニキビに悩む女性向けの漢方薬として「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」や「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」がオススメされていることが多いですが、「証」が違っていれば、効果がないこともあるわけなんです。


※ 漢方では「証」が違えば使う薬は違いますし、病状が変化すれば「証」も変わるため治療に用いる漢方薬も変わるのが普通です。


漢方薬を処方するために欠かせない「証」。


この「証」を見極めるための重要な判断材料になるのが、漢方医学独特の「陰・陽」「虚・実」「気・血・水」といった概念になります。


※画像:漢方外来|いしが城谷クリニック


「陰・陽」は病気に対する体の反応の性質を表わす概念


健康な状態では陰陽のバランスが保たれていますが、そのバランスが陰陽のどちらに傾いているかによって病気の現れ方が異なる。陰証(寒証)は寒さに支配されており、体の反応が総じて低下している状態のこと。陽証(熱証)は熱に支配されており、体の反応が総じて活発な状態のこと。

「虚・実」は体力や病気に対する抵抗力・反応を表わす概念


体力が充実していて、胃腸が丈夫な人は実証。体力がなく、胃腸も弱く、顔色が青白い人は虚証。その中間の人は虚実間(中間証)というように体質の分類に使われている。

「気・血・水」の3つの要素が体内を循環していると考える


漢方医学では「気・血・水」の3つの要素が体内を循環することで健康が保たれると考える。「気・血・水」のバランスに異常が生じ、量が不足したり、流れが滞ったり、偏っていると、健康を害したり、不調の原因になる。


他にも「五臓(肝・心・脾・肺・腎)」「六病位」などの漢方医学独特のものさしがあり、それらを総合して「証」が決定されます。そしてその「証」に基づいて、ニキビ治療に用いる漢方薬が選択されるわけです。


知っておきたい漢方医学の3つの基本

要チェック 漢方医学では病名や病気ではなく、「証」によって処方される薬が決まる。
要チェック 同じニキビでも処方される漢方薬が違う(同病異治)ということは珍しくない。
要チェック 「証」は、「陰・陽」「虚・実」のどの性質を有するか、「気・血・水」にどんな異常が生じているかといったことで判断される。

大人ニキビに悩む女性によく処方される漢方薬

ということで、おまたせしました、女性に処方されることが多いニキビの漢方薬をご紹介します。


清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)

【証】:陽/実/血熱

⇒化膿したニキビ、赤くて痛い炎症を起こしたニキビに対して有効。

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

【証】:実/お血・気逆

⇒便秘になるとニキビができてしまう場合に対して使用。

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

【証】:陽/虚実間/血熱

⇒皮膚の浅黒く、慢性化しているニキビに対して使用。

治頭瘡一方(ぢづそういっぽう)

【証】:陽/虚実間/血熱

⇒化膿している、炎症が赤くなっている、便秘傾向があるニキビに対して使用。

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

【証】:陽/虚実間/血熱

⇒化膿したニキビを繰り返してしまうような場合に対して使用。

排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)

【証】:陽/虚実間/血熱

⇒化膿がひどい、炎症して赤くなっているニキビに対して使用。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)

【証】:陽/虚実間/お血・気逆

桂枝茯苓丸加薏苡仁

⇒赤ニキビ、化膿ニキビ、冷えのぼせ、肩こりなど血流の悪さが影響するニキビに対して使用。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

【証】:陰/虚/お血・血虚・水滞

⇒白ニキビ、冷え症、生理不順、生理前にひどくなるニキビに対して使用。

加味逍遥散(かみしょうようさん)

【証】:陽/虚/お血・血虚・気虚・気逆・水滞

⇒貧血気味、生理前になるとイライラ、ストレス性のニキビに対して使用。


漢方薬は一般的に効果があらわれるのに時間がかかるものだというイメージがありますが、ニキビの場合はそれほど時間がかかるものではなく、早くて2週間、遅くても1か月くらいである程度の効果を実感することができます。


※ 変化がなかったり、体調が悪くなるなどした場合は処方を変えます。

※ 食前または食間(食後2~3時間)に服用します。

※ 妊娠中の漢方薬の使用は医師と必ず相談するようにしてください。

大人ニキビも悩む女性は、血の異常(血虚・お血)を抱える人が多い!?

大人ニキビに悩む女性は、生真面目な性格でストレスを溜め込みやすい性質があるといわれることが多いです。そしてもうひとつ、婦人科系トラブルを抱えている人も多いという特徴があります。


よしき皮膚科クリニックの吉木伸子先生によると、漢方薬はその人の体力や体質、症状を診ながら処方していくので、同じニキビでも一人一人処方が異なるわけですが、ニキビに悩む現代女性の傾向として、漢方医学でいう血の異常、特に「お血」体質の女性が非常に多いとのこと。


気の異常

※気虚・・・「気」の量が不足して働きが低下し、活力が落ちている状態。

※気逆・・・本来、上半身から下半身へ巡るべき「気」が上へ逆流している状態。

※気滞・・・「気」の巡りが悪くなり、停滞している状態。

血の異常

※お血・・・「血」の巡りが悪くなって停滞している状態。

※血虚・・・「血」をつくりだせなかったり、消費が多く「血」の作用が不足している状態。

水の異常

※水滞・・・「水」が停滞して体の一部に余分にたまった状態。


運動不足や長時間のデスクワーク、不規則な睡眠、食生活の乱れetc...。


血の巡りが悪いと冷え症や肩こり、激しい生理痛といった症状を抱えがちで血行が滞りがちである以上、ニキビができやすい&悪化もしやすいというのは当然といえば当然でしょうね。


漢方薬の素晴らしいところは、体の中のバランスを整えて体全体の自然治癒力を高めていくため一度きちんと治せば飲むのを止めても再発しにくいということがあります。


そして、症状に応じて何種類もの薬が処方される西洋薬と違って、1種類の漢方薬で、肌はもちろん体に感じていた複数の辛い症状や不調も一緒に改善できるということもあります。


ニキビを治す目的で漢方薬を飲みはじめたのに、頭痛であったり、冷え、肩こり、PMSといったこれまで苦痛に感じていた症状や不定愁訴が、ニキビと一緒にまとめて改善できたということも珍しいことではないんですね。


改めて、漢方薬の得意分野を確認してみると....


漢方薬の得意分野はこの3つ!

要チェック ストレスの影響が強い病気や不調
要チェック 体質が関係する病気や疾患
要チェック 原因がはっきりしないのに体に症状が出る機能性疾患


まさに大人ニキビにうってつけですし、女性の不調と相性抜群といえますよね。


ニキビはもちろん、婦人科系のトラブル、ストレス性の症状まで、現代女性が抱える不調すべてをまとめて面倒みてくれるのが漢方薬なので、健康と美容を支えてくれるパートナーとして利用してみる価値は大いにあるのではないかと思います。

大人ニキビお役立ちコンテンツ