トップページ >  大人ニキビの原因となるもの >  皮脂の過剰分泌

皮脂の過剰分泌が原因でニキビができてしまうのはなぜ?

皮脂の過剰分泌が原因のニキビ対策は? 大人ニキビも皮脂の過剰分泌が原因になって毛穴詰まりができてニキビができる点は思春期ニキビと変わりません。


しかし、思春期ニキビと違って皮脂が過剰分泌される理由が大きく異なります。


思春期ニキビの場合、第二次性徴にともない性ホルモンの分泌量が増えて皮脂腺が活発になるからというのが皮脂の過剰分泌の原因になりますが、大人ニキビの場合、「肌の乾燥」と「ホルモンバランスの乱れ」の2つが皮脂の過剰分泌の根本的な原因になります。


ホルモンバランスの乱れが皮脂の過剰分泌につながるのは、生理前に女性ホルモンの1つである黄体ホルモン(プロゲステロン)が増えるという女性ならではのものと、ストレスを受けることで男性ホルモン(アンドロゲン)が活性化して皮脂分泌が促進されてしまうという体のメカニズムのため。


もうひとつの「乾燥」については、「ニキビケア=皮脂ケア」と考えている人が陥りやすいもので、毎日の洗顔で頑張って皮脂を洗い流そうとするあまり、必要な皮脂まで洗い流してしまって、乾燥を防ぐ肌の自衛反応として、かえって皮脂の分泌が増加してしまっているケースがあります。


肌のバリア機能が低下し、水分が維持できない状態になっていると、肌はいつも以上に皮脂を分泌して肌を乾燥から守ろうとするので肌表面が脂っぽくなります。 そのため脂性肌(オイリー肌)だと勘違いしやすいのですが、根本的な原因は肌の乾燥です。


大人ニキビには皮脂ケアよりも保湿ケアが大事といわれるのはまさにこの部分。


※肌表面は脂っぽいのに、肌内部は乾燥している状態をインナードライ肌といいます。大人ニキビができる肌は脂性肌ではなく、インナードライ肌のケースがほとんど。


肌のバリア機能を強化し、水分保持力を高めることができれば、過剰な皮脂膜を張らなくても肌はうるおいをキープできるので、皮脂が過剰に分泌されることもなくなるわけですね。

皮脂の分泌が増える夏のほうがニキビが悪化する?

平均すると約1~2gが1日の皮脂分泌量といわれていますが、季節や環境の影響もありますし、男女差はもちろん個人差も大きく影響するようです。


女性の場合、皮脂腺の発達に影響する男性ホルモンの量が少ないうえ、女性ホルモンのエストロゲンが皮脂の分泌を抑制しています。そのため、ニキビは男性に比べるとできにくく、悪化しにくいのですが、男性に比べると皮脂が少ないため乾燥に弱い傾向があります。


季節的な傾向としては、気温の上昇とともに身体の生理機能が活発化すると、汗腺の活性化とともに皮脂腺も活性化するため皮脂も増えます。皮脂は15~17℃以下になると固まって動きが悪くなりますが、夏の気温では固まることなく、流れ出てきます。


夏になると、脂浮きや化粧崩れに悩まされるのはこうした理由があるからです。


冬になると気温が下がるため皮脂の分泌量は減るように思いますが、乾燥するとそれを補うために皮脂が分泌されるので、冬でもテカリに悩まされる人がいるように女性は夏より冬のほうが皮脂の影響によるニキビが悩まされることが多いかもしれません。


いずれにせよ、肌が乾燥していることが皮脂の過剰分泌の原因になっていることを考えると、空気が乾燥する冬はもちろん、夏は汗や空調が肌の水分を奪って乾燥させるため、皮脂の分泌量に差はあっても、ニキビのできやすさという点では季節差というのはないと考えたほうがいいかもしれません。


皮脂の分泌が増えるケース

要チェック 黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響で皮脂分泌が増加(女性のみ)
要チェック 肌の乾燥(インナードライ肌)を補うために肌が皮脂を過剰に分泌している。
要チェック ストレスの影響で男性ホルモンが活性化して皮脂分泌が増加。


皮脂が過剰分泌されてしまう肌は、上のような状態になっていることが考えられます。皮脂ケアとしては皮脂を取り除くということに意識が向きがちですが、過剰な皮脂分泌の背後にある本当の原因にアプローチすることが大切です。

皮脂の過剰分泌が原因のニキビ対策&ニキビケア化粧品は?

成長期を過ぎて、皮脂腺の活動がある程度、落ち着いている大人の肌において皮脂が過剰に分泌されてしまうというのはお伝えしたとおり、「乾燥」と「ホルモンバランスの乱れ」の2つが原因になります。


そのため皮脂がニキビの原因だからと思春期ニキビと同じ皮脂を根こそぎ奪う脱脂力の強い洗顔料を使って洗顔したり、アクネ菌の殺菌を重視したニキビケアを行ってしまうと効果がないばかりでなく、乾燥肌がすすみ、ニキビが悪化してしまうこともありうるので注意が必要です。


スキンケアのポイントとしては、皮脂を落しすぎないように洗顔に気をつける必要があるので、ヒトによっては泡洗顔からクレイ洗顔に切り替えたほうが肌への負担は減らせるかもしれません。


洗顔後は肌のうるおいをしっかり補給する保湿を行い、ビタミンCなど皮脂を抑制してくれる有効成分を肌にあたえることで、過剰な皮脂分泌は落ち着かせることができるはずです。


スキンケアでの皮脂ケア以外にも気をつけてほしいのがやはり生活習慣です。


糖質を摂りすぎている食生活が原因で皮脂腺が肥大化してしまい、皮脂の分泌量が増えてしまっているという可能性もありますし、夜更かし・睡眠不足が交感神経を刺激して皮脂分泌を促しているケースもあるからです。


特に睡眠不足のニキビへの影響は深刻です。


ストレスが蓄積されてしまうほか、成長ホルモンの恩恵を受けられないことで、肌のターンオーバーが乱れたり、肌バリア機能の低下など肌トラブルを引き起こす原因になってしまうからですね。

過剰な皮脂を取り除き、過剰な皮脂分泌を抑制する有効成分と保湿が大事です。

余分な皮脂を取り除き、皮脂を抑制することが大事!

ベタベタする過剰な皮脂を取り除くと同時に過剰な皮脂分泌を抑制する有効成分の力を借りて皮脂対策することが大切です。乾燥が必要以上の皮脂を分泌させる原因になっていることもあるので保湿も忘れずに。

皮脂抑制効果に注目! 人気5商品を徹底比較!

大人ニキビの原因からスキンケアのコツ・ポイントを確認!

ストレス過多

ストレス過多が原因のニキビとその対策

仕事や人間関係などストレスが重なると自律神経が乱れて皮脂分泌が増加してしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れが原因のニキビとその対策

女性特有の生理前ニキビや肌荒れだけでなく、不規則な生活習慣もホルモンバランスに影響。

皮脂の過剰分泌

皮脂の過剰分泌が原因のニキビとその対策

皮脂の過剰分泌の裏側には「乾燥」や「ホルモンバランスの乱れ」が隠れていることも多い。

食生活の乱れ

食生活が原因のニキビとその対策

栄養バランスの偏りや暴飲暴食は、皮脂分泌や炎症肌を悪化させるためニキビに直結します。

睡眠不足

睡眠不足が原因のニキビとその対策

睡眠リズムの乱れは肌の免疫力を低下させるだけでなく、肌のターンオーバーを乱す原因に。

乾燥

乾燥が原因のニキビとその対策

ニキビを繰り返す肌は乾燥肌以上に乾いているケースが多く、バリア機能が低下しています。