トップページ >  > ニキビを触ると増えるってホント?触らないほうがいいの?

ニキビを触ると増えるってホント?触らないほうがいいの?

ニキビを触ると増えるってホント?ニキビが気になって、ついつい触ってしまうという人も多いと思いますが、ニキビをキレイに治したいならそれはやってはいけないことの1つ。


指や手、そして爪というのは想像以上に汚れていて、雑菌がウヨウヨ付着していますから、ニキビを触った刺激で炎症が発生・悪化してしまうことがよくあるからです。


ニキビがあってもなくても肌のことを考えれば、極力触らない方がいいのはスキンケアの基本です。触るにしてもピアノタッチで、物理的な刺激は肌にとって何もいいことがないからです。


ニキビは触らないほうがいい理由

要チェック 炎症を起こしていない白ニキビ(コメド)が炎症を起こしてしまう。
要チェック 炎症を起こした赤ニキビが悪化して化膿してしまう。
要チェック 化膿した黄ニキビに雑菌がついて二次感染を起こしさらに悪化してしまう。


ニキビを触れば触るほど、炎症が悪化して、どんどんひどくなります。


触らなければそのまますぐ治ったかもしれないのに触ってしまったがために炎症が激しくなってしまったり、鎮まりかけていたニキビの炎症がぶり返してしまって、凸凹や色素沈着といったニキビ跡が残ってしまったというのが一番最悪なパターンです。


こんなことになれば、悔やんでも悔やみきれないでしょう。


「触りたい」「いじりたい」「潰したい」という衝動が湧きあがってもそこはグッとこらえてください。ニキビが気になっても、痛くてもかゆくてもとにかく触らないようにしましょう。

洗顔のときってどうしてもニキビに指や手が触れてしまうけど....

洗顔の時もできるだけニキビには触らないようにしたほうがいいです。洗顔料を泡立てて泡のクッションを作り、ニキビに手や指が触れないようして、ゴシゴシ擦らないようにやさしく洗顔するようにします。


洗っているときはともかく、すすぎのときはさすがに直接手が触れてしまうこともあると思いますが、洗顔前に石鹸で手をきれいに洗っておくようにすれば問題ないと思います。


手や指に汚れや雑菌が付いている状態でニキビを直接触るのは問題ですが、清潔な手で触る分はニキビへの刺激も少ないので、そこまでは神経質になる必要はありません。もちろん清潔な手であってもいつまでもいじっているようであれば悪影響を及ぼすのはいうまでもありません。


それから洗顔後に水気を吸い取るタオルにもできれば気を使ってほしいところ。タオルで顔をゴシゴシ擦るのはもちろんのこと、タオルに雑菌が付着している場合もあるので、ニキビ洗顔専用の顔を拭く清潔なタオルを用意しておいたほうがいいかもしれません。


念には念を入れたいという場合は、枕カバーも清潔なものを使ったほうがいいです。ニキビが小さかったり、数が少ない場合は絆創膏を貼るなどして、枕と擦れることを防ぐこともできるんですが、範囲が広かったり、数が多いとそうもいきません。


さすがに寝返りを打った際の枕カバーとニキビが擦れてしまうのは避けられませんから、せめて枕カバーだけでも清潔なものを使うということを心がけてもらえばと思います。

前髪でおでこのニキビを隠す、マスクで頬や顎のニキビを隠すのはどう?

「ニキビは触らない」「刺激を与えない」ことが大原則ということを考えると、おでこのニキビを前髪で隠したり、マスクをして頬や口周り、顎のニキビを隠すというのが決してよくないことだということは察しがつくかと思います。


前髪を下していると、前髪がおでこの皮膚を刺激することになります。継続的に前髪がおでこを刺激しているとその刺激で角質が硬く厚くなることがありますし、髪の毛自体がかなり汚れていることが多いので、それがニキビを悪化させる原因になってしまう可能性があります。


また、前髪がおでこを覆うことによって起こる「蒸れ」は肌表面の温度を上げてしまうため、汗や皮脂量が増加してしまいますし、過剰な水分が常に肌に触れていることによって、バリア機能が低下してしまいます。


肌の状態が高温多湿状態になると、汗で皮膚がふやけてバリア機能が低下したり、皮脂が増えるなど、ニキビの原因となるアクネ菌、毛包炎や脂漏性皮膚炎を引き起こすマラセチア菌が繁殖しやすくなってしまうんですね。


これとまったく同じことが頬や口周り、顎のニキビをマスクで隠すときにも起こります。物理的な刺激(=摩擦)はもちろん、蒸れという多湿状態をつくることもニキビを悪化させてしまうものだということは覚えておいてください。


以下は皮膚科の先生が警告するニキビが頻繁にできる&治らない人に共通する「触り癖」の例です。心当たりのある人は要注意です。


触り癖に要注意!大人ニキビは触ることでも悪化する!

要チェック ほおづえをつく
要チェック ストレスで顔を触る
要チェック 鼻の下を擦る
要チェック 顔にかかる下した髪が刺激に
要チェック 髪の毛をかきあげる

※その他、気をつけたいニキビへの物理的な刺激(=摩擦)としては、ファンデーションやコンシーラーなどメイク全般、顔剃り等


ニキビケアの効果がでてくるまでは、ニキビを隠すということが必要な時もあるとは思いますが、それが「刺激」「摩擦」「蒸れ」を伴うものなら、逆効果になってしまう可能性が高くなります。


難しいとは思いますが、ニキビを隠す時間や期間はできるだけ短いほうがよさそうです。


大人ニキビお役立ちコンテンツ