トップページ >  > 歯科金属アレルギーによるニキビの可能性と対策

歯科金属アレルギーによるニキビの可能性と対策

歯科金属アレルギーによるニキビの可能性と対策 金属アレルギーとは、アレルゲンとなる金属が肌に直接触れると赤くなったり、腫れたり、痒くなるなどアレルギー症状がでてきてしまうことをいいます。


指輪やネックレス、ピアス、腕時計、ベルトのバックル等をつけた部分がかぶれたり、痒くなってしまった経験はありますか?もし、そうした経験があったという場合は金属アレルギーの疑いがあります。


さて、そんな金属アレルギーがニキビの原因になっている可能性があります。


貴金属やアクセサリー等を身に着けることで起こる金属アレルギーは自分で身につけない、肌に触れないように気をつければ、アレルギー症状を起こすことはないので対策としては簡単です。しかし、盲点になっているのが、昔、虫歯などで削った所に詰めた銀歯などの歯科金属です。


歯に詰め物をした当時は、何の問題もなかったのに数十年を経て、突然発症することも決して珍しくありません。また、今現在、金属アレルギー反応がなくても、口の中に金属が存在し続ける限り、いつ金属アレルギーが発症してもおかしくない状況だということは覚えておいたほうがいいです。

長引くニキビや肌荒れは歯科金属アレルギーを疑ってみる

金属アレルギーには、大きく分けると2種類あります。


⇒直接金属が触れた部位の皮膚に異常がでるもの。


一般的な金属アレルギーというとこちらのことを指します。肌に触れている金属が汗によってイオン化されて体内に取り込まれると、体内のタンパク質と結合してアレルゲンになり、赤くなる、腫れる、痒くなる、湿疹ができるといった症状がでてきます。

⇒溶けだした歯科金属が全身に周り異常を引き起こしているもの


唾液によってイオン化された金属が血流に乗って、全身に運ばれていき、そこでタンパク質と結合して炎症や湿疹を引き起こします。歯科金属と接触している口の中だけでなく、体のあちこちにさまざまな症状が出るのが特徴です。

※歯科金属が原因のアレルギーは、一般的な金属アレルギーと区別するために「口腔金属アレルギー」「歯科金属アレルギー」といわれることもあります。


歯科金属アレルギーは、口内炎や舌炎などの口の中の疾患はもちろん、直接金属が触れていない部位にも異常を引き起こします。


紅斑、アレルギー性皮膚炎、掌蹠膿疱症など全身の皮膚に症状が出ることも珍しくありませんし、手足、首のかぶれなどさまざまな症状があるため歯科金属に根本的な原因があるとは一見してわかりません。


そのため、いたずらに症状を長引かせてしまったり、皮膚科にいっても原因がわからず、病院をたらい回しにされたり、誤診から不必要な治療を受ける羽目になるといったこともあって、患者の心身にかかる負担が非常に大きくなってしまう特徴があいます。


※原因不明の皮膚病や不調というストレスで、ノイローゼになることもあるそう。


ニキビもそんな歯科金属アレルギーの数ある症状のうちの1つです。


虫歯の治療で使われた銀歯やかぶせものに使われている歯科金属が根本的なニキビの原因なわけですから、肌の乾燥やホルモンバランスの乱れ、毛穴の詰まり、皮脂の過剰分泌に気をつけてスキンケアを頑張ったり生活習慣に気をつけてもニキビが治るわけがないんですよね。


慢性的にニキビや肌荒れに悩まされている場合は、歯科金属アレルギーの可能性もあるので、皮膚科やクリニックで検査(パッチテスト)を受けてみましょう。歯科金属が原因と分かれば、対策は簡単です。

歯科金属アレルギーが原因のニキビの治し方

歯科金属アレルギーで起こるニキビは、原因となる金属を除去し、金属を含まない素材で詰め物をやり直すと治ります。治療してすぐに治るわけではなく、金属イオンが体外に排出されるまでには2~3カ月かかるので、治るまでには時間が必要です。


とはいえ、この2~3ヶ月はこれまで何をしても効果がなかったニキビが日ごとに小さくなり、なくなっていく様子を実感できるのではないでしょうか。


いまでは虫歯の治療に使われることがだいぶ減りましたが、いわゆる銀歯とは、「アマルガム充填」を指します。この「銀歯(=アマルガム充填)」は、銀・スズ・銅・亜鉛、水銀などが含まれる合金ですが、金属アレルギーリスクが高い歯科素材です。


※歯科で用いられる素材の中では、アマルガム合金や銀合金などが、アレルギーを引き起こしやすいです。他にアレルギーリスクが高い金属は、ニッケル、クロム、コバルトなど。アルミニウム、亜鉛、パラジウム、ロジウムにも注意が必要。


一見すると銀歯は使ってないし、表面は白いかぶせものになっているという場合も土台に歯科金属が使われていることがあります。その土台の歯科金属が原因で歯科金属アレルギーになっているかもしれないので油断はできません。


このあたりは歯医者さんに尋ねて確認しておいたほうがいいです。


金属を含まない白い詰め物(セラミック等)は、保険外治療となり、1本あたり5~10万と高額になってしまうことがあります。そのため金属アレルギーが判明しても歯科金属を除去するのにお金がかかるということで、結局そのままという方も多いといいます。


アレルギーを放置するとか、ちょっと考えられませんけどね...。


有害金属を除去することで得られるメリットは、何もニキビの症状を改善するだけでなく、全身の健康につながることだという認識を持ってほしいと思います。

金属アレルギーの方は、化粧品に配合されている金属にも注意!

ミネラルファンデーションや日焼け止め、それからアイシャドーなどの色素として使われる酸化鉄や酸化チタンなどには、コバルト、ニッケル、クロムといった金属アレルギーの原因金属になりやすい金属が含まれてます。


そうした化粧品に含まれているごく微量の金属も汗と結びつくことで、金属イオンとなって体内に入り込み、タンパク質と結合して、アレルギーを引き起こしまうということは、金属アレルギーの人は覚えておかないといけません。


化粧品の成分表示をみて金属が配合されている場合は、それが原因金属であろうとなかろうとパッチテストは必須です。


大人ニキビお役立ちコンテンツ