トップページ > 黒ニキビ(酸化)の治し方 > 黒ニキビを治すための対策

黒ニキビを治すための対策

黒ニキビは角栓(コメド)が酸化しているという点が白ニキビと異なりますが、炎症を起こしていない非炎症性皮疹という点は同じですから基本的な対策は白ニキビと一緒でかまいません。


黒ニキビにも効果のある対策

要チェック コメドプッシャーでニキビを潰す
要チェック ビタミンB2、ビタミンB6を含む食べ物や内服薬の服用
要チェック 皮膚科でディフェリンゲルを処方してもらう


コメドプッシャーを使ってニキビの芯を取り除く場合は、白ニキビと比べると芯が固くなっていることもあり、取り出しやすいはずです。ただ、だからといって硬くなってなかなか出てこない芯を無理やり押し出したりするのはNGです。


くれぐれも雑菌がついた不潔な手や爪で押し出して取りださないように注意しましょう。

黒ニキビを早く治すためのスキンケアの3つのポイント!

白ニキビのときと比べると洗顔のやり方に若干のプラスアルファがあります。肌が弱い人の場合はタンパク質を除去する作用のある洗顔料は負担になることがあるので様子を見ながら行うようにしてください。


1、タンパク質を溶かす酵素洗顔などを活用する

酸化した角栓(コメド)はコメドプッシャーを使って押し出すというのもありですが、無理に押し出したり、剥がすのはNG!炎症の引き金になってしまいます。


黒ずんだ角栓対策には普通の洗顔でも効果はありますが、タンパク質の除去作用のある酵素洗顔料やAHAやサリチル酸などピーリングを活用したほうが毛穴の黒ずみを効率よく溶かして落とせます。

2、紫外線対策&保湿ケアで肌を乾燥させない!

肌体力(血行、新陳代謝、水分保持力、免疫力)が低下している状態なので、角質が厚くなる「過角化(角化異常)」が起こりやすくなっています。


肌の乾燥と活性酸素を発生させる原因になる紫外線対策は万全に行うこと、保湿を徹底することは黒ニキビでも変わりありません。

3、ビタミンCで皮脂コントロール&活性酸素の除去

黒ニキビは、肌表面がすでに一部、酸化している状態ですから、このままでは毛穴内部にまで酸化の影響が及び、炎症する可能性があります。 これを防ぐにはマルチ効果のあるビタミンCが何よりも効果的。


抗酸化作作用や皮脂分泌のコントロールなど炎症を予防してくれるだけでなく、毛穴内部のメラニンの色素沈着も防いでくれます。