トップページ > 黒ニキビ(酸化)の治し方 > 黒ニキビの原因は?

黒ニキビの原因は?

黒ニキビは毛穴が開くほど詰まった角質、皮脂が空気に触れて酸化し、黒ずんだもの。


白ニキビができた段階で洗顔やピーリングといった角質ケアで毛穴詰まりを解消していれば、黒ニキビができることはありません。それを考えると、スキンケアが不十分だったか、紫外線対策が疎かになっていたために、黒ニキビに悪化してしまったと考えるのが妥当です。


黒ニキビは紫外線を浴びると濃くなり目立つようになります。そのため、夏になると、おでこや鼻、眉間といった皮脂分泌が多く、紫外線も浴びやすいTゾーンを中心に黒ニキビができやすいです。


黒ニキビの原因

要チェック 白ニキビに適切な洗顔・スキンケアができていなかった
要チェック 紫外線対策が不十分だった
要チェック 夏は皮脂分泌&紫外線が増えるため悪化しやすい


肌体力(血行、代謝、水分保持力、免疫力)が低下している状態で、さらに活性酸素による酸化が一部とはいえはじまっているため、炎症を起こすまで待ったなしの状態といえます。


これ以上、角栓(コメド)を酸化させないように努め、毛穴詰まりを溶かして除去する黒ニキビ対策に、早急に取り組む必要があると思います。