トップページ >  大人ニキビの原因となるもの >  乾燥肌

乾燥肌が原因で大人ニキビができてしまうのはなぜ?

乾燥が原因のニキビ対策は? 大人ニキビの直接的な原因となり、思春期ニキビの発生原因と明確に異なる点が肌の乾燥(=肌のバリア機能の低下)です。


すべての肌トラブルには乾燥が影響しているといわれますが大人ニキビにおいてもそれは例外ではありません。


乾燥肌になることで、肌本来の代謝機能やバリア機能が低下すると、角層が厚くなり、毛穴詰まりを起こしやすくなります。


また、肌の自衛反応として、肌の乾燥を防ごうと皮脂分泌が増加するため、アクネ菌が繁殖しやすくなり、ニキビができてしまうわけです。


そのため、肌がベタつくからと化粧水だけの手抜き保湿をしてしまったり、「ニキビ=脂性肌」と勘違いして皮脂ケアを頑張って、うるおい成分まで洗い落してしまうと、さらに肌を乾燥させてニキビを悪化させてしまうという悪循環に陥ってしまうんですね。


大人ニキビが頬やフェイスラインといった皮脂腺が少ない部位(Uゾーン)にできやすいことからも大人ニキビは皮脂ではなく乾燥が引き金になる証拠だといえるわけです。ですから、大人ニキビには皮脂ケアよりも保湿ケア、そして、保湿ケアも正しく行うということが非常に大切です。


「肌の油分量ではなく、肌の水分量が減少していることによる"部分乾燥状態"が大人ニキビの大きな発生要因である。」


「乾燥肌だからニキビができる。」ということを知っていれば普段のスキンケアの方法も変わってくるでしょうし、大人ニキビが治る早さも違ってきます。「大人ニキビと乾燥肌は深い関係性がある」とまずはしっかり認識することが大事ですね。

乾燥肌の原因は、毎日の化粧水とクレンジング!?

肌が乾燥してしまうかどうかは肌のバリア機能がきちんと機能しているかどうかが鍵です。


※肌のバリア機能は、皮脂と天然保湿因子、細胞間脂質から構成されており、角質内からの水分蒸発を防ぎ、同時に外部からの刺激やダメージを防ぐ役割を果たしています。


ただ、日本人女性の場合、7~8割が乾燥肌だといわれているように肌のバリア機能がきちんと機能している人のほうが少ないのが現状です。なぜこんなにも日本人女性の肌が乾燥してしまっているか?という理由ですが、化粧水至上主義のスキンケア方法や洗浄力の強いオイルクレンジングが問題だと指摘されることが多いです。


まず覚えておきたいのは化粧水では保湿できないということです。


化粧水で水分を肌に与えることが保湿だと思っている人は多いと思いますが、水分を保持できなくなっているから乾燥しているのであって、そんな肌に水分を与えたところで蒸発する水分量が増えるだけで意味がありません。


正しい保湿というのはセラミドやライスパワーエキスNO.11など肌のバリア機能を強化して水分保持力を高めてくれる成分を補うということです。水分を与えることは保湿ではありません。


また、しっかり肌に付着した汚れを落とすことが大事だとクレンジングや洗顔を頑張っている人も多いと思いますが、それが肌のバリア機能を形成する皮脂や天然保湿因子、セラミドを洗い落としてしまっている場合があります。


皮膚は排泄器官なので少しぐらい汚れが残っていてもターンオーバーの過程で古い角質とともに落ちていくものです。にもかかわらず、脱脂力の強い界面活性剤を使って頑張って落とそうとしている人が大半ですよね。


その結果、肌に必要なうるおい成分や皮膚常在菌まで洗い落としてしまって、乾燥肌をみずから作り出してしまっているというのが現状なんです。


ニキビケアにおいても皮脂やアクネ菌を一生懸命洗い流そうとするあまり、洗顔・クレンジングを頑張りすぎて乾燥肌を招いている可能性があるので、今一度、肌へ負担や刺激を与えてないか"落とすケア"は見直したほうがいいと思います。


乾燥肌がニキビに与える悪影響

要チェック 肌のターンオーバーが乱れて、毛穴付近の角質が厚くなり、毛穴詰まりが発生。
要チェック 肌のバリア機能が低下することで、外部刺激に弱くなり、肌の免疫力も低下。
要チェック 肌の乾燥をおぎなうために皮脂が過剰に分泌される原因になることも。

乾燥肌が原因のニキビ対策&おすすめニキビケア化粧品は?

思春期ニキビも大人ニキビも毛穴が詰まることでアクネ菌が増殖し、炎症を起こして...という発生メカニズムは同じですし、ニキビを構成する成分などに差があるわけではありません。


そのため、これまでニキビケアというと「皮脂の除去&アクネ菌の殺菌」を重視するものが多かったわけですが、ここ数年は大人ニキビの発生要因に乾燥が大きく関わっているということがわかってきました。


ですから、今は「保湿ケア」がニキビケアにおいては非常に重要なスキンケアになっています。これはニキビ予防でも、できてしまったニキビ対策においても同じです。


ニキビケアというとどうしてもニキビそのものに対するケアばかりを考えがちですが、肌の水分量を増やし、角層バリア機能を高めるという肌体力の向上こそが遠回りのようで確実にニキビを治す方法なんですね。


角質層のバリア機能を高めないことには大人ニキビの根本的な原因は解消できず、たとえニキビ治療薬を使って治ったとしても再発を繰り返してしまうということは覚えておかないといけない事実です。


洗顔料やクレンジング剤を見直す

脱脂力の強い界面活性剤を使った洗顔料やクレンジング剤は避けたほうがいいかもしれません。アミノ酸系洗浄剤やカルボン酸系の洗剤(酸性石けん)なら低刺激でしっかり洗えます。

エタノールの量が多い化粧水は避ける

基本的に化粧水の役割は整肌作用であって保湿効果はありません。さらにエタノールを多く含む一部のハトムギ化粧水や拭き取り化粧水は乾燥が促進されるので厳禁です。

保湿成分を与えてバリア機能を強化する

乾燥肌には水分ではなく水分保持力を高めてくれるセラミドなどの保湿成分を与えることが効果的です。肌への刺激を考えるとグリセリンやBGなど肌に優しい保湿成分にも注目しましょう。


毛穴詰まりを防いだり、ニキビに効かせる有効成分を与えることはもちろん重要ですが、肌のバリア機能を立て直す保湿があってはじめて効果があるものですから、ニキビケア化粧品を選ぶときも保湿力に着目してしっかり肌に潤いをチャージできるものを選びましょう。

大人ニキビには皮脂ケアよりも保湿ケア!たっぷりのうるおいを与えて角質のバリア機能を整えることが大事。

乾燥を防ぎ、角層バリア機能を立て直す!

大人ニキビは保湿が大事!水分保持力が落ちた肌を立て直して、ニキビをつくらせない、繰り返さないうるおい溢れる肌へと整えてくれるニキビケア化粧品を使いましょう。

人気5商品を徹底比較! 詳細はこちら

大人ニキビの原因からスキンケアのコツ・ポイントを確認!

ストレス過多

ストレス過多が原因のニキビとその対策

仕事や人間関係などストレスが重なると自律神経が乱れて皮脂分泌が増加してしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れが原因のニキビとその対策

女性特有の生理前ニキビや肌荒れだけでなく、不規則な生活習慣もホルモンバランスに影響。

皮脂の過剰分泌

皮脂の過剰分泌が原因のニキビとその対策

皮脂の過剰分泌の裏側には「乾燥」や「ホルモンバランスの乱れ」が隠れていることも多い。

食生活の乱れ

食生活が原因のニキビとその対策

栄養バランスの偏りや暴飲暴食は、皮脂分泌や炎症肌を悪化させるためニキビに直結します。

睡眠不足

睡眠不足が原因のニキビとその対策

睡眠リズムの乱れは肌の免疫力を低下させるだけでなく、肌のターンオーバーを乱す原因に。

乾燥

乾燥が原因のニキビとその対策

ニキビを繰り返す肌は乾燥肌以上に乾いているケースが多く、バリア機能が低下しています。