トップページ >  大人ニキビの原因となるもの >  ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れてニキビができてしまうのはなぜ?

ホルモンバランスの乱れが原因のニキビ対策は? 「ホルモンバランスの乱れ」が原因のニキビには2タイプあります。


1つは生理前ニキビに代表される女性ホルモンの1つである黄体ホルモン(プロゲストロン)の影響で皮脂分泌が増えたり、肌のバリア機能が低下することでニキビができてしまうもの。


女性の肌は女性ホルモンのエストロゲンが皮脂の分泌を抑えて、肌の水分量を保持してくれることで肌のバリア機能を維持してくれていますが、生理前の時期は、プロゲステロンの作用が優位になるので、肌のコンディションが低下してニキビができやすくなります。


生理周期による周期的な肌トラブルや肌状態の変化は、肌質とは関係なく、女性であれば避けられないものですから、生理周期にあわせて、皮脂ケアと保湿ケアを意識したニキビケアを行うことが大事です。


もう1つは、ストレスや不規則な生活(睡眠不足の影響が大きい)など不摂生が災いしてホルモンバランスが乱れてしまうケースです。自律神経が乱れることで、同じ視床下部から命令が出ているホルモンの分泌(※)にも影響がでてきてしまうんですね。


※ 更年期障害はこのケースと逆で、ホルモンの分泌が減り、ホルモンバランスが乱れることで同じ視床下部から命令が出る自律神経に影響がでて、発汗やほてりなどの自律神経失調症の症状がでます。


また、食事制限をするダイエットで女性ホルモンの材料になるコレステロールが不足していたり、体脂肪がエストロゲン代謝に関わっていることもあり、極端に痩せて体脂肪率が低下してしまうと、これもホルモンバランスに悪影響を及ぼしてしまいます。


どちらかというと、ストレスや生活習慣(喫煙、ダイエット、食生活)に問題があり、それが原因でホルモンバランスが乱れて、ニキビや乾燥肌など他の肌トラブルに悩んでいる人のほうが多いような気がしますね。


ホルモンバランスの乱れとニキビの関係

要チェック 生理前ニキビに代表される女性特有の周期的なホルモンバランスの変化の影響
要チェック ストレスや生活習慣の乱れから自律神経が乱れ、そのあおりでホルモンバランスも乱れる

女性も無関係ではない男性ホルモンの影響とは?

男性が女性にくらべて皮脂が多く、脂っぽかったり、ニキビが悪化、深刻化しやすいのは男性ホルモンの影響です。男性ホルモンは女性の体内でも卵巣や副腎で微量ながら作られているので、ホルモンバランスが乱れて、男性ホルモンの影響が少し増すと、ニキビという形であらわれることがあります。


思春期の頃はニキビに悩まなかったのに社会人になってからニキビに悩まされるようになったという女性に共通しているのが、血中アンドロゲンという男性ホルモンの濃度が高いということ。


※男性ホルモン(アンドロゲン)は、皮脂の産生を促進したり角化細胞の増殖・過角化を引き起こして角質肥厚を誘発してニキビができやすい肌環境をつくる原因になります。


男性ホルモンの一種であるテストステロンは、皮脂腺に入ると、5α-ジヒドロテストステロン(5α-DHT)というより活性の強いホルモンへと変化し、皮脂腺を活性化して、皮脂の過剰分泌を招きます。


男性ホルモンがニキビにどのように作用しているかは「ニキビは男性ホルモンが多いからできるの!?」でも解説しています。


男性でいうヒゲが生える部分(頬・フェイスライン・鼻下・口周り)は男性ホルモンの感受性が高い部分ということで、血中のアンドロゲン濃度が高い女性は、ヒゲのかわりにこの部分にニキビができてしまいます。


ホルモンバランスとニキビは密接な関係にあり、女性ホルモンの「エストロゲン」「プロゲステロン」、男性ホルモンの「アンドロゲン」といった性ホルモンが拮抗し、バランスが保たれていれば、肌はきれいでいられます。


しかし、ホルモンバランスが乱れてしまうと、肌のコンディションも崩れてニキビが発生・悪化してしまいます。


ホルモンバランスの乱れが肌に与える影響

要チェック 生理前のイライラがストレスになり、肌の免疫力の低下を招く
要チェック 卵胞ホルモン(エストロゲン)が低下し、水分量が減ってバリア機能が低下する
要チェック 黄体ホルモン(プロゲステロン)がバリア機能を低下させ皮脂分泌が増加する
要チェック 男性ホルモン(アンドロゲン)が皮脂の過剰分泌や角質肥厚を引き起こす


傾向としては、女性ホルモン(エストロゲン)は皮脂を抑制したり、水分量を保持するなどニキビを防ぐ働きをするのに対して、男性ホルモンは皮脂の過剰分泌や角質肥厚の原因になるなどニキビの発生や悪化を促進させる働きがあるということですね。

ホルモンバランスの乱れが原因のニキビ対策&ニキビケア化粧品は?

「排卵日から1週間」の黄体期前期と、「生理前の1週間」の黄体期後期は、卵胞ホルモン(エストロゲン)が減少し、黄体ホルモン(プロゲステロン)が増え始める時期なので、皮脂の分泌量が増えて肌がベタつき、ニキビができやすくなります。


そのため、生理周期(ホルモン周期)が原因であろうニキビや肌荒れに対しては生理周期にあわせて洗顔料を変えてみたり、低刺激処方のニキビケア化粧品に切り替えるといったことをしたほうがいいかもしれません。


生理周期が安定しているのであれば、生理前後で自分の肌がどう変わるのかある程度の予測が立てられるので、ニキビができやすい時期には前もって必要となるケアが分かると思います。


生理不順や生理痛、PMSなどホルモンバランスが不安定な場合は、そちらの問題の改善を並行して行ったほうがいいですよね。


ホルモンバランスの安定・改善に効果のあること

⇒ 動物性タンパク質(コレステロール)、オメガ3系脂肪酸を積極的に摂取する
⇒ 断食や食事制限ダイエットは厳禁!体脂肪がないと女性ホルモンが機能しない!
⇒ ビタミンB6、鉄分、亜鉛、カルシウム、マグネシウムの不足に注意する!
⇒ 糖質を控える
⇒ 婦人科で低用量ピルを処方してもらう


若い女性に多いのは体型・体重を気にして、カロリーの高い肉・脂肪を控えてしまうことで、ホルモンの材料となるコレステロール、皮膚の材料になるタンパク質が慢性的に不足してホルモン分泌に影響がでてしまっていることです。


最近は太るのもニキビが悪化するのも糖質の摂りすぎこそが問題であり、カロリーや脂肪が犯人ではないという考え方が主流になっています。栄養学の分野ではこれまでの常識が非常識になるという大転換(パラダイムシフト)が起こっているんですね。


スキンケアについては、ニキビができやすい時期(黄体期)は、「洗顔で毛穴詰まりを防ぐ」「肌のバリア機能が低下しないように保湿する」の2つのことを意識してケアすればニキビを防げますし、できたとしても最小限に留めることができると思います。

肌のバリア機能が低下してデリケートになった肌を刺激なく保湿することが大切です。

低刺激処方でたっぷり保湿できるかどうかに注目!

ホルモンバランスが乱れると肌も敏感になるもの。肌にうるおいを与えてバリア機能を守りながら肌への負担を考えた低刺激設計で安全性が高いニキビケア化粧品が理想です。

人気5商品を徹底比較! 詳細はこちら

大人ニキビの原因からスキンケアのコツ・ポイントを確認!

ストレス過多

ストレス過多が原因のニキビとその対策

仕事や人間関係などストレスが重なると自律神経が乱れて皮脂分泌が増加してしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れが原因のニキビとその対策

女性特有の生理前ニキビや肌荒れだけでなく、不規則な生活習慣もホルモンバランスに影響。

皮脂の過剰分泌

皮脂の過剰分泌が原因のニキビとその対策

皮脂の過剰分泌の裏側には「乾燥」や「ホルモンバランスの乱れ」が隠れていることも多い。

食生活の乱れ

食生活が原因のニキビとその対策

栄養バランスの偏りや暴飲暴食は、皮脂分泌や炎症肌を悪化させるためニキビに直結します。

睡眠不足

睡眠不足が原因のニキビとその対策

睡眠リズムの乱れは肌の免疫力を低下させるだけでなく、肌のターンオーバーを乱す原因に。

乾燥

乾燥が原因のニキビとその対策

ニキビを繰り返す肌は乾燥肌以上に乾いているケースが多く、バリア機能が低下しています。