トップページ >  > 拭き取り化粧水はニキビ肌におすすめ!?それとも...

拭き取り化粧水はニキビ肌におすすめ!?それとも...

拭き取り化粧水を使ってみたら...。ニキビケアに使う化粧水として「拭き取り化粧水」というものがあります。


普通の化粧水と役割が異なり、拭き取り化粧水には角質を柔軟にして溶解させるような成分が入っているので、穏やかなピーリング効果があるという点が特徴です。


大人ニキビの場合、乾燥やストレスなどでターンオーバーが乱れて、古い角質などが毛穴に詰まり、そこにアクネ菌が繁殖してしまって、炎症が起きてしまうのがニキビの直接的な原因になっています。


そのため、ニキビを予防するためには、古い角質を取り除いて蓄積させないようにして毛穴詰まりを作らせない角質ケアが効果があります。そのスキンケアアイテムとして、拭き取り化粧水はピッタリだというわけなんですね。


ただ、この拭き取り化粧水ですが、ニキビ肌に使ったほうがいいという意見もあれば、良くなるどころか悪化させる原因になるので使わないほうがいいという真逆の意見もあるんです。


なぜ、正反対の意見があるのか?その理由と拭き取り化粧水は大人ニキビのケアに本当に必要なのかどうか、詳しく見ていきたいと思います。

拭き取り化粧水を使うことで、毛穴詰まりを予防することができる!

拭き取り化粧水にはその特徴として、穏やかなピーリング効果あるということはお伝えしたとおりです。使い方としては、洗顔後にコットンに含ませて顔の各部分を拭いていきます。


拭き取り化粧水を使うメリットは?

要チェック 古い角質が除去できるためくすみ対策になる。
要チェック ニキビの原因となる毛穴詰まりを防ぐことができる。
要チェック ピーリング効果で肌の新陳代謝を促すことができる。
要チェック 後に使う化粧水や美容液の浸透がよくなる。


拭き取り化粧水の主な成分としては、サリチル酸をはじめ、グリチルリチン酸2K、イソプロピルメチルフェノールといった殺菌・消炎作用のある有効成分も配合されているため、ニキビ・肌荒れを防ぐ効果に優れていると考えられます。


肌の余分な汚れや古い角質を除去し、抗炎症成分と殺菌成分でニキビの原因菌の繁殖と炎症を防ぐことで、ニキビ・肌荒れしにくい肌に整えてくれることが期待できそうですよね。


実際に拭き取り化粧水をニキビケアのラインナップに組み込んでいるニキビケア化粧品も珍しくはありません。


クリニーク/アクネ クラリファイング ローションクリニーク/アクネ クラリファイング ローション【医薬部外品】


有効成分:サリチル酸、塩化ベンザルコニウム

ニキビの原因となる古い角質を取り除き、肌を清潔にする拭き取り化粧水です。オイル吸収パウダーで過剰な皮脂を吸収する作用もあります。

プロアクティブ+/リバイタライジング トナープロアクティブ+/リバイタライジング トナー【医薬部外品】


有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム

グリコール酸が古くなった角質を取り除き、肌のターンオーバーを促進する拭き取り化粧水。開いた毛穴を引き締めます。


拭き取り化粧水といえば、プチプラ拭き取り化粧水の代表格であり、実績と人気を兼ね備えるこちらの商品に触れないわけにはいきません。


小林製薬/オードムーゲ薬用ローション小林製薬/オードムーゲ薬用ローション【医薬部外品】


有効成分:イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸ニカリウム

抗炎症成分が肌あれを防ぎ、ニキビの原因菌を殺菌、ニキビのできにくい肌に整えます。元々は消毒液という点がミソ。


こうしてみると、拭き取り化粧水を使うことはニキビに悩む人にとってはメリットしかないように思うと思います。なぜこんな素敵アイテムである拭き取り化粧水に対して、「ニキビケアに不向き!」だと正反対の意見があるのかは次に紹介します。

ニキビ肌に拭き取り化粧水は厳禁という意見について

拭き取り化粧水のメリットだけみれば、ニキビケアにとってはメリットしかなく何の問題もないように思いますが、拭き取り化粧水否定派からは以下の問題点が指摘されることが多いです。


拭き取り化粧水の問題点

要チェック ピーリング成分が肌を乾燥させてしまうこと
要チェック 毎日使うことで角質層が薄くなり、バリア機能が低下して敏感肌になること
要チェック コットンで肌を擦る摩擦が刺激になって、ニキビが悪化すること


肌のうるおいは角質層のバリア機能が担っているのはご存じだと思います。


そんな角質層の結びつきを緩めて溶解し、剥がしてしまうのが拭き取り化粧水なので、そんなケアを続ければ肌の乾燥を促すことにつながるため、乾燥が一番の原因といわれる大人ニキビには逆効果だということなんですね。


古い角質を落とせるという効果についても洗顔で角質や皮脂汚れは充分落せるので、わざわざ拭き取り化粧水を使う必要がないという声もあります。


肌を乾燥させてしまうし、肌を薄くして刺激に過敏にしてしまうし、コットンの摩擦で肌を傷つける可能性があるなど、バリア機能を低下させてしまうというのが拭き取り化粧水の最大のデメリットとして挙げられるわけです。

大人ニキビには、拭き取り化粧水は『必需品』ではない

拭き取り化粧水を使ってみたら...。生理前になると必ずニキビができる、肌のゴワつきやザラザラ、くすみが目立つetc...。


肌のターンオーバーが乱れていることを示す明らかな兆候が出ている人は、毛穴詰まり(異常角化)ができやすいといえるので拭き取り化粧水を使った角質ケアは効果的なはずです。


毛穴詰まりができそうなタイミングで拭き取り化粧水を使えば、これはニキビ予防につながるはずです。


逆に、乾燥肌や肌が弱い敏感肌、それからニキビがある肌に使うというのはメリットよりもデメリットのほうが大きいでしょうし、そもそもニキビができているときに時に使うとヒリヒリ感がひどく、刺激が強くて使えないと思います。


肌質や肌の状態によってプラスにもマイナスにもなるのが拭き取り化粧水です。


つまり、拭き取り化粧水自体が悪いということではなく、自分の肌と合っていないことが問題になるわけなので、自分の肌の状態を見極めて、正しく使うことが大切だということです。


拭き取り化粧水の正しい使い方


⇒専用のコットンを使い、化粧水をケチらずたっぷり使うこと(手で使うのは×)
⇒決して力をいれて擦らないように。肌の上を優しくすべらせるようにして使う。
⇒拭き取り化粧水後の肌は無防備なのですぐに保湿&保護ケアをする。


それから一番大事なのは拭き取り化粧水を使う頻度だと思います。


「マイルドピーリングなので毎日使ってもOK!」というものが多いですが、これは鵜呑みにしないほうがいいです。皮脂は洗い流しても数十分から数時間で元通りになりますが、皮膚常在菌は12時間程度、バリア機能を担う角質層はさらに時間がかかります。


こうした肌の回復力を考えると、毎日古い角質を落とすというのは肌にとって負担でしかないことがわかりますよね。ピーリングは週1~2回が適切といわれますが、拭き取り化粧水も同じぐらいの頻度(※)で行ったほうがいいと思います。


※ ただし、これも個人差があります。肌の状態によってはもっと長い期間、間を空けたほうがいい場合もありますし、短い期間でも大丈夫な場合もあります。杓子定規にスキンケアするのではなく肌の状態をみて調整するようにしてみてください。


当サイトの結論としては、拭き取り化粧水は適切に使えば、ニキビ予防には効果的だけれど「必需品ではない」と考えます。


大人ニキビには、殺菌よりも保湿が大事ですし、洗顔や保湿をしっかりすれば肌のターンオーバーを正常化できるからです。大人ニキビのデリケートな肌にとっては角質を剥がすのではなく、保湿で肌自らがターンオーバーを促進するようサポートしてあげたほうが安全ですしね。


まずは洗顔でしっかり余分な皮脂と古い角質を落とし、ニキビに効果のある有効成分を肌に与えて、しっかり肌を保湿してバリア機能を高めるととともに新陳代謝を促すようにする。


大人ニキビにはこうしたケアに重点を置いたほうがいいように思います。


大人ニキビお役立ちコンテンツ